salut!



<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧


引越のおとも #3

目下引越準備中。

いよいよ引越まであと一週間をきりました。
そこで今日から食器類も梱包し始めたわけですが、
結構食器の箱詰めって大変。

食器はまだたくさんはないのですが、あるものに関しては
厳選して集めてきたお気に入り。
どれ一つとして壊すわけにはいかず、慎重に作業を続けます。

私が持っている食器は、結婚してから新規に買ったもの、
母から譲り受けたもの等々で構成されていますが、
なかでも一番の古株はこの「DURALEX」のカップ&ソーサー。

f0030500_118626.jpg

祖母の代から引き継いで使っているものになります。
子供の頃の写真を見ると、たとえば誕生日の時なんかの写真にも
ケーキの横にちゃんと写っていますから。すごい年代物。

もちろん子供の時には「DURALEX」なんて知らないし、
紅茶を入れるととても綺麗で、紅茶の時ははこれ、
って使っていただけなのですが、
雑貨に興味を持つようになった中学生の頃だったか高校生の頃だったか、
長年連れ添ってきたこのカップ&ソーサーが、
「DURALEX」のものだと知ったときは「!!!!!」と、
とても感激したのを覚えています。

今調べてみたら、これにはちゃんと「gigogne(ジゴン)」シリーズ
という名前がついていました。知らなかったなぁ。
それにしてもさすが「DURALEX」。
子供の頃から使っているから、
落としたり痛い目にもあわされてきたろうに、
丈夫なので、一つも減らずに未だ6客揃ってる。

祖母、母ときて私で3代目。
メンバーを減らさずに次の代まで引き継ぐことは使命?
丈夫なのはお墨付きだけど、大切に梱包しました。
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-26 00:35 | life | Comments(0)

前川國男建築展

東京ステーションギャラリーで開催中の「前川國男建築展」に行ってきました。
f0030500_0405389.jpg


パリまで赴き、巨匠ル・コルビジェに師事し、
帰国後はアントニン・レーモンドの設計事務所に勤務後、
独立して設計事務所を設立、その事務所には
代々木体育館や東京都庁でも知られる丹下健三も在籍していました。
日本の戦前戦後の建築史に残る数多くの作品を残した
前川國男の今回の展覧会は展示品の数もとても多く、
作品の変遷がとても興味深いものでした。

私が横浜で1人暮らしをしていた頃住んでいた部屋は、
前川建築である紅葉坂の「神奈川県立図書館」のすぐ裏にありました。
ガラス張りの透き通ったこの図書館は蔵書こそ少なかったけれど、
窓から見える緑を脇目に時間を過ごすのは、
とても気分がよかったことを思い出しました。
久しぶりに行ってみたいなぁ。

平日の日中にこんな風に展覧会に足を運べることがとにかく嬉しく、
何とも言えない充実感を味わってしまいました。
人も少なく、静かな空間でゆっくりと一点一点作品を見入ることができる。
うーん、幸せ。
これもまた、会社を辞めたことで得ることのできた、貴重な時間のひとつです。
今後も学生時代のように、またいろいろ足を運びたいものです。

美術館に行くと同じ系譜の作品展の
ポスターやチラシを目にすることがよくあって、
芋づる式に足を運ぶことになったりするのがおもしろい。
知らないと知らないままで終わってしまいそうなのが、
知り始めると止まらない、みたいな。
今回も2月に「前川國男建築展記念シンポジウム」
なんていうのがあることを知ってしまいました。
パネラーに大好きな建築家 槇文彦さんが来られるようなので、
これも行ってみようかなと。
もちろん平日に開催です。2月3日。節分に。
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-25 00:49 | architecture | Comments(2)

諸手続きというもの

引越にともなう手続きっていろいろあります。

電気・ガス・水道・電話等の転居手続きは
先週のうちに電話で済ませ、
今日は市役所に行って、転出届を出してきました。

手続きしなくちゃいけないことはまだまだあって。
銀行とかクレジットカードの住所変更。携帯・インターネット…

それとは別に退職による社保・健保の変更届けだって。

シンプルに暮らしているつもりでも、自分を取り巻く環境の多さと
その複雑さに改めて気づかされます。
これから退職に伴う失業保険の給付のためにハローワークに通い、
歯列矯正にかかった費用の医療費控除の確定申告…
思い描いている暮らしからかけ離れていると思わされるような
いろんなことがいっぱい。

もっとプリミティブな生活をしたいと思いながら、こんな取り巻く環境が
もはやどれも外せないアイテムになっていることを実感しました。

こんな諸手続きというものは意外と時間をとられるもので、
電話やネットをしていると、あっという間に時は過ぎていってしまい、
まだ日も短いこともあって、気づくと窓の外は夕暮れになっているのです。

仕事をしていたときの一日にやっていたことの量を考えると
まだまだいろいろできそうなのに、終わってしまう一日…
ちょっと焦りを感じる今日この頃。

引越が終わって新しい生活が始まったら、
やりたいと思ってフツフツしていることを
一つ一つ始めていこう。それからお休みしちゃってる茶道やバレエも再開して。

まずはあと1週間、諸手続きというものを取り残しのないように終わらせて、
晴れて新居に移るまでは冬眠中の熊よろしく、「待ちの姿勢」で過ごすかな。
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-23 19:01 | life | Comments(0)

引越のおとも #2

こまごまとしたものの片付けは日々進めていますが、
まだぱっと部屋の中を見た雰囲気には変化がなく…
ちゃんと引越までに片付くのかちょっと心配。
最後の日にばばばっと激しく箱詰めすることになりそうです。

さて、引越のおとも。

#2 ダイニングテーブル
目黒区八雲の「Time & Style」で
ダイニングチェアと同じタイミングに購入。
f0030500_1035942.jpg
ダイニングテーブルというと長方形の6人掛け
くらいのものがスタンダードなのかもしれませんが、
私が欲しかったのは真四角。
4人で食事ができる広さはあります。
文字通りテーブルを「囲んでる」っていう
感じがとても気に入ってます。
(麻雀台みたいな等間隔な感じが…)

子供に「テーブル描いてごらん」って言ったら
描きそうなくらいの王道のデザインも濃いブラウンの色も、
飽きることなく永く使えそうだと思っています。

そしていつか子供ができたら、「tripptrapp」を増員させるという野望が…
色はブラウンで。

このテーブルにはきっとどんな椅子を増員させても
しっくりきそうな懐の深さがあるので、
我が家の変化にも順応してくれるんだろうと期待してます。

これが成長に合わせてずっと使えるという「tripptrapp」。
座面にクッションのオプションもついていて、ますますかわいい。
ストライプのなんかもあって、いいなぁ。うーん。いい!
f0030500_1323311.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-19 13:24 | interior | Comments(0)

Olive

目下引越準備中。

私の引越荷物の中で、何だかやたらと分量が多いのが雑誌。
どれもこれも捨てられなくて、溜まっていってしまいます。

インテリア、建築、旅行、ホテル…と好きなジャンルのものは増える一方。
少し処分を試みたけど、だめそうなので、頑張って箱詰めしちゃおう。

中でも一番古いのが、中学生時代に買った「Olive」。

f0030500_9373840.jpg


1987年。19年ものです。
この頃の「Olive」って、その当時の他の雑誌にも
今のどの雑誌にもない独特な雰囲気があり、
私の感性の基礎の一部分を「Olive」が
作ってると言っても過言ではないほどの
影響を受けていると思うので、思い入れもひとしお。
ずっと捨てることができずに、引越についてきてもらっています。

月2回、3日と18日には必ず買うほど大好きでした。
大人になってからも買ってたなぁ。なくなっちゃうまで。

開くと古本屋さんのようなにおいのする何冊かの「Olive」は
そのまま次の住処へ運びましょう。
きっと何年経っても、またパラパラとページを繰りたくなると思うので。
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-17 09:50 | life | Comments(0)

Dymo

目下引越準備中。

無印良品のプラスチックの引き出しを大小取り混ぜて大量購入しました。
ここに文具などのこまごまとしたもの、下着や衣類も小分けにして収納し、
新居の作り付けの物入れやクローゼットにすっきり納めてしまう予定です。

半透明の、それも同じ形のケースなので、中に入っているものが
ひと目で分かるようにラベルを付けることにしました。

そこで大活躍してもらっているのが「Dymo」です。
f0030500_164471.jpg

前々からこれが欲しいっ!と思いながらも、商品名は分からないし、
探す手がかりがなく。ずっと昔に我が家にこのラベルの付いた
何かがあったけれど、機械自体はどういうものか全然見当もつかず、
東急ハンズの文具売り場を見ても、テプラはあってもこれはなくて。

ところが!
たまたま買い物にいった青山のスパイラルでこれを発見!
名前が「Dymo」であることと、こんな形の機械であることが分かったのです。
もう、迷わず即購入。(1,890円でした)

ダイヤルを回して一文字一文字「ガチャ」とプッシュしながらラベルをつくり、
そのダイヤルを「はさみマーク」のところにしてまた「ガチャ」と切り出すという、
何だかとてもアナログでおもちゃみたいなのだけど、何とも言えない
味のある出来栄えに思わずニヤリ。

こんな風に引き出しごとにつけてあげれば、「印鑑どこー」とか
「セロテープがないー」とか言われなくなるかなぁと目論んでいますが…
f0030500_174468.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-15 03:05 | life | Comments(0)

transista

2月に大学時代の先輩が家具屋さんをオープンします。
その名は「transista」。

吉祥寺の井の頭通り沿いのお店では今、オープンに向けて、
着々と準備が進んでいます。昨日初めて陣中見舞いに行ってまいりました。
f0030500_15302096.jpg


訪ねたとき、先輩は作業(壁のペンキ塗り)の途中でした。
以前は本屋さんだったというそのお店はその跡形もなく、
何ともいえない懐かしい雰囲気。とても心地がいい感じで。
フロアーは途中から一段高くなっているのですが、
こうして空間を区切ることで、異なった雰囲気、
このお店のコンセプトであるイギリスのヴィンテージと、
日本のデザイナーによる質の高い家具という
2つのラインの展開を繰り広げるそうです。
うーん。楽しみ。

イギリスのヴィンテージは「G-PLAN」という1950~60年代にのみ生産された
希少性の高い中古家具とNO BLANDながらも、オーナーである先輩の眼鏡に
かなった家具や雑貨たちを、直接現地で買い付けての販売になるそうです。

また国産の家具は北海道産の良質なナラ材を使用したもので、
細部に至るまで極丁寧に仕上げられたものでした。
私も相当気に入ってしまってます。

古いイギリスの家具と、新しい日本の家具という全然別の畑のものが
しっくり馴染んでしまうのが心地よさを作るんでしょうね。
やわらかくて暖かいお店になりそうです。商品が入るのがとても楽しみ。

お店のオープンは2月11日。
何にもないところからからスタートさせて
お店をつくりあげていくのって、想像もつかないほど。
大変なことだと思うので、まだ養生が張られた店内を見て感動すら覚えました。

天井を抜いて、床を塗装して、壁を塗装して、照明をつけて…
少しずつ息を吹き込まれていくこのお店が、
晴れ晴れしく誕生する瞬間が今から楽しみです。
完成までの様子はブログで公開中です。

お店に入ってぱっと目を惹くカウンター。
一輪だけもって行ったチョコレートコスモスも置いてもらいました。
f0030500_1557485.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-14 16:04 | interior | Comments(2)

鏡開き

f0030500_16221730.jpg今日は鏡開き。
今年鏡餅はお供えしなかったけれど、
御汁粉は作ってみました。

実は初挑戦の御汁粉。
居候中の母直伝です。

1.小豆は虫の喰っているのも、割れているものなどを取り除き、
  お水に4時間ほど浸します。
  虫喰いの豆が一つでも混じると、においが移るとのと言われたので、
  もう、すっごく真剣。ひよこのオスメス分ける人くらい真剣。

2.浸した後、御鍋を火に掛け茹でこぼします。
  私はあまりお豆くさくないものが好きなので、
  3回程、灰汁を取りながら茹でこぼしました。
  御鍋はルクルゼを使用。茹で上がるのが早いです。

3.お豆が少しずつふやけて割れてきた頃、お豆の硬さをみて、
  硬さがちょうど良かったらお砂糖(三温糖)を入れます。
  お砂糖を入れたらお豆の硬さの変更はきかないそうで。
  後戻りはできないのです。

4.味を見てちょうど良かったらお塩をひとつまみ入れます。
  塩味が濃くなってきてももう直せないようで。
  ここでも後戻りできないのです。

お餅を入れ、すこしとろけたところで完成。
お豆のつぶつぶが結構残っている、御汁粉というよりおぜんざいですね。
3回程茹でこぼしたので、上澄みが透き通った感じ。
甘さは控えめです。

私がずっと食べ続けていた味と色でしたが、
主人には甘さが足りなかったようで。
でもお豆の食べ応えもあるこの直伝レシピを
これから我が家の味として作り続けていきたいです。

御汁粉を食べながらもう「ぼたもち」のリクエストありです。
ちょっと難しそうだとしり込みしていた御汁粉もクリアしたので
この調子で挑戦しますよ!
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-11 23:44 | cooking | Comments(0)

Jurique

f0030500_13910.jpg昨年末、退職の際に上司から御銭別にと頂いたのが
Jurique」のハンドクリーム。
ラベンダーの香りとローズの香りの
2種類が3本も入ったセットでした。

Juriqueは無農薬、有機栽培、バイオダイナミック法によって
育てられたハーブが原点と紹介されています。

何度か雑誌などで見たことはありましたが、実際に手にしたのは
これを頂く4,5日前に友人から「これ、いいよー」と
紹介されたのが初めてでした。
そしてまさかその数日後にプレゼントで頂くなんて、
何というタイミング!
「嬉しい!」より「びっくり!」が先にきてしまいました。

私はまず「ローズ」のチューブを開けてみましたが、
とても早く浸透するのにベタベタすることはなく、
つけた後はサラサラ。とても使いやすいのが気に入りました。
そして香りに癒される…
とても自然なバラの香りがほのかに香って
気分もすっきり満たされます。

上司は「やっぱり家事に専念するならハンドクリームだろう」と
考えてくださったとのこと。
今年に入って私の手は日に日に荒れてきてしまったので、
早速活躍してもらっています。

これまでも仕事と家事は両立してきたはず…
ここにきて荒れが目立つということは、
今までの家事はやっぱり甘かったってことなのかなぁ?

ちょっと反省…
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-10 18:30 | life | Comments(0)

引越のおとも #1

今月の最後の日に引越をします。

荷物はとても少なく、運送屋さんもびっくりしていたくらいです。
持って行くものは最小限に。厳選したお気に入りだけで、というのが理想。
よくトランク一つで身動きが取れるのが究極だ、なんて言うけど、
私もそれを目指したい。

引越についてきてもらう、お気に入りを紹介します。

#1 ダイニングチェア

f0030500_102838.jpg結婚前に「Lloyd's Antiques」で購入したもの。
店内を見渡してぱっと目に入ったのがこの椅子。
ヴィンテージ家具は高価なものが多くて…
無理かなぁこれも、と思いつつ、
嬉しいことに手の届くプライスでした。
1脚¥25,000。
1940年代、イギリスのスクールチェアです。

私たちが学校で使っていたのと、デザインが変わらないところをみると、
機能的に優れたもののプロトタイプってちゃんと
踏襲されるんですね。

必要に応じて2脚しか購入しなかったけれど、
今思えばもう2脚くらいあってもよかったかも。
スタッキングできるので、来客の時に重宝するだろうなぁ。
今でもあるかな?ヴィンテージっていつでもあるものではないので、
思ったときに買わないともう2度と会えなかったりするので難しいかな。

夫は「座面が硬いなぁ」なんて言うけれど、私はこの椅子、譲りませんよー。
今度の引越にもついてきてもらいます。
[PR]
by salut_kyoko | 2006-01-08 23:57 | interior | Comments(0)


LOHASな生活をめざして

by salut_kyoko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のコメント
こんにちは、突然のコメン..
by Yama at 14:35
日本は涼しいぞ~ おこ..
by アルネママ at 15:15
いつも心配なんだよね。 ..
by salut_kyoko at 05:07
UNIQLOね(笑)
by salut_kyoko at 05:06
楽しかったよー。 久しぶ..
by salut_kyoko at 05:05
Tシャツ笑える!
by アルネママ at 17:11
楽しかったみたいでよかっ..
by アルネママ at 14:02
おかげさまで?ちゃんと届..
by アルネママ at 22:25
何をおっしゃる! ほーん..
by salut_kyoko at 19:03
子供達もたくさん出来るこ..
by アルネママ at 22:52
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧