salut!



<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


北欧モダン デザイン&クラフト展

東京オペラシティ アートギャラリーで開催されている
北欧モダン デザイン&クラフト」展に行ってきました。
f0030500_2317921.jpg


この展覧会は
・Section 1「伝統」 (ギャラリー1,2)
・Section 2「機能」 (ギャラリー2)
・Section 3「表現」 (ギャラリー3,4)
の3部で構成されています。

出展されていてる作品は、去年訪れたデンマークやフィンランドの
デザインセンターなどの所蔵のものも多くあり、
去年の旅行に思いを馳せながら見進めて行きました。

見ていてやっぱり気になるのは、好きなデザイナーの作品。
コペンハーゲンの空港で見て、いつかは我が家にも、と
惚れ込んでしまった、ポール・ケアホルムの「PK22」や、
庭園美術館で開催された「アラビア展」でさらに魅力を感じた、
カイ・フランクの「カルティオシリーズ」や、
子供にプレゼントしたいと目論んでいる、カイ・ボイスンのカトラリーセットなど、
家具はなかなか手に入れることはできないけれど、
食器やカトラリーなら、こんな素敵なデザインを身近に置くことができるかも、と
思い巡らせ、胸が躍りました。

f0030500_23173945.jpgこの展覧会のポスターやチラシの写真、
何だかいいなぁと魅かれていたのですが、
キャプションを見てみたら、スタイリングをされたのは
大好きなスタイリストの岡尾美代子さんでした。
うーん、さすが。
チケットもとてもかわいい。
写真の部分を切り離して、
コースターとしても使えるようになっていて。
こんなチケット、初めて。

念願のサイドボードが我が家に来てから、
何を収納しようか、とか、台の上には何をディスプレイしようかとか、
そればっかりを考える毎日。
またちょっと触発される、いい機会になりました。



カイ・ボイスンのベビーセット。
離乳食が食べられるようになったら欲しいなぁ。
f0030500_23175416.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-30 22:56 | art | Comments(2)

得した気分。

古本屋さんというと神田神保町のイメージですが、
私が住むこの街にも、昔、大学があった名残からか、
古本屋さんが多く店を構えています。
駅近辺から自宅までの間にも5軒ほど。

そもそも本屋さんを覗くのが好きな私ですが、
古本屋さんも例外ではなく…

新しい本が並ぶ本屋さんでは、あるのが当然の本も、
古本屋さんで見つけられるのは、ほんの偶然のようなもの。
欲しかった本を見つけられたときには、宝物を発見したような心持ちに。

今日も買い物帰りに、ふと立ち寄った古本屋さん。
気になるコーナーに足を運ぶと、「これも!これも!」と
欲しかった本の応酬に遭うことになるとは!

とても綺麗な状態なのに、定価の総額6,000円ほどの4冊の本を、
1,000円で手に入れることができてしまいました!
何てラッキーな!

一箇所の古本屋さんで、こんな収穫は初めてでした。
そのラインナップは、

*「サンクの本」-原宿にある雑貨店「cinq」の本。写真や装丁が何とも素敵。

*「暮らしのおへそ Vol.3」-Vol.1を持っているこの本。
                   自分の暮らしがちょっと素敵になるエッセンスを発見できる本。

*「TRUCK WORKS」-大阪にある家具屋さん「TRUCK FURNITURE」のカタログ。
                今まで発行された過去のものを全部持っているくらい、
                カタログにはとどまらない、素敵な写真がいっぱい。

*「物語のある暮らしの雑貨」-今日初めて手にした本。
                    パラパラっとページをめくっただけで、魅かれてしまった…
                    これを125円で買えちゃうなんて。

こうやって私の本棚はまたしても肥大していくのであります…
うーん…


本日の収穫たち。
f0030500_18124716.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-28 18:14 | life | Comments(0)

念願のサイドボード

テレビを載せられて、DVDデッキやオーディオ類を
すっかり収納できてしまうようなサイドボードをずっと探していました。

デザインが良くても、高さが高すぎて、テレビを載せると視線が合わないものや、
長さが部屋の広さの割りに長すぎるものなど、数々のものを見ながら、
やっとデザインもサイズもイメージどおりのものを見つけることができました!

見つけたお店は目黒通り沿いにある「pourannick」。
DVDデッキの配線を外に出せるように、背板をくり貫いてもらったりして、
少しの間、預けていたのですが、ようやく晴れて納品。
f0030500_17481481.jpg

両側に引き戸があって、その中が収納スペースになっています。
左側にはデッキ類を納めたので、
右側の収納スペースと、真ん中の4段の引き出しに、何を入れようか、
ただいま思案中。
これを考えている間が、何とも楽しい、胸躍る時間なんだなぁ。
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-26 17:30 | interior | Comments(0)

たいぞう。

夫が出張の帰りに連れて帰ってきた、タイ出身の「たいぞう」。
何だかこの、ちょこんと座った風貌と、やわらかい肌触りに、
とても癒される今日この頃です。
f0030500_2255877.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-24 22:01 | life | Comments(0)

Yチェアに寄せる思い

先日、以前に聴講した昭和女子大学のオープンカレッジから、
世界のライフスタイルに学ぶ デンマーク・魅力の秘密」という講座の案内が届きました。

講座はは全5回で構成されていたのですが、
中でも興味があった2つの講座を受講することにしていました。

この日は第3回の『デンマークデザイン』の回。
内容は「美しさと機能を極め、洗練されたフォルムとなって
世界中の人々に愛され続けてきたデンマークの家具。
国を代表するデザイナーの一人、ハンス・J・ウェグナーの椅子など、
ライフスタイルを背景に生み出された家具や照明器具を通して、
デザインの根底にある考え方、機能と表現、
“デンマーク・デザイン”の真髄に迫ります。」というもの。
ハンス・J・ウェグナーデザインの椅子を多く製作販売している
Carl Hansen & Son Japan」のショールームを会場にしての講義に出席してきました。

f0030500_1921281.jpg
ショールームに入ると、色とりどりのYチェアが並んで置いてあって、
ここに座って講義を聴けるとのこと。何て贅沢!
フレームの素材も色々で、また、シート部分の
ペーパーコードも白いものと黒いものがあって、
組み合わせの多いことを初めて知りました。
1時間強の講義時間でしたが、
ずっと座りっぱなしでも全然疲れを感じないところに、
Yチェアの素晴らしさを実感しました。

白っぽい色目のものをよく見かけるYチェアですが、これはオーク材で作っているもの。
使い込むと深みのある茶褐色に変わってくるのが特徴ですが、
私が座った椅子はウォールナット材の色の深いものでした。
「こんな色のものもあるんだぁ」、とかなり魅かれました。
我が家にはこのくらい、色目の濃いもののほうが合うなぁなんて惚れ惚れしていましたが、
やはりウォールナットはちょっと高価になるので、なかなか手が届かないかなぁ…

講義はデンマークの地理的条件や歴史的背景などから始まりました。
今では森林が豊かなイメージのあるデンマークですが、
ナポレオン戦争(1799~1815)の時に、燃料や造船用に大量に木材を使用したため、
森林面積は国土の4%まで激減してしまったという歴史をもっていたのです。
その後国王の法令によって植林事業が始まり、国土の特性にあったビーチ(ブナ)や
オークの森が国土を覆うようになったということです。
よって現在でも家具用にはビーチ材やオーク材が多用されているということでした。

我が家にもいくつかあるデンマークのアンティーク家具。
年代的には1960年代のものが多いのですが、
この時代の家具に多用されているのはのチーク材です。
デンマークは国土が狭く、人口も少ないので、バイキング時代から
貿易に力をいれることで経済を成り立たせていました。
その貿易相手国の1つがタイ。
タイはチークが豊富にあったため、タイから輸入したチークで家具を作っていたのでした。
しかし、1970年以降、熱帯林の減少が進む中で、チークの原木輸出が禁じられ、
国産のビーチやオークなどに材料を移行していったということでした。

家具屋さんに行って「これは○○材です」とか、「19○○年代のものです」と説明を受けても、
それをそのまま受けることしかしていませんでしたが、
素材の変遷に歴史的背景があることを知ると、何で60年代がチークなのか、ということも
感慨深く受け取れて、とても興味深いものだなぁと思いました。

講義が終わった後は、スタッフの方たちが用意してくださったコーヒーを頂きました。
コーヒーと一緒に出して頂いたのは、デンマーク大使館御用達としても知られる
代々木八幡「イエンセン」の数々のデニッシュたち!
以前から名前は聞いていたのですが、口にするのは初めて。嬉しかったぁ。
いくつか種類があった中から私が選んだのは、「スモースナイル」というシナモンロール。
さくさくっとしてて、美味しかったぁ。
朝早くにお店に行って、調達してくださったそうです。

座り心地満点のYチェアと、興味深いお話。
美味しいデニッシュと雑談の数々。
出席人数も少なく、こじんまりとしたアットホームな会でした。

次回は12月。
デンマーク大使館で開催されるお茶会付の講座が今から楽しみっ。
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-13 19:27 | interior | Comments(0)

美味しくて楽しい夜

大学時代の友達4人で夕食を食べることになりました。
場所は渋谷のインドネシア料理「アユンテラス」。
インドネシア料理ってあんまり食べに行かないかも、と
みんなで期待に胸を膨らませてお店に向かいました。

タイ料理よりもちょっとマイルドで、甘辛味のお料理は
どれも美味しく楽しめました。

4人とも1年生の時からの同級生。
卒業してからもう、10年以上経つのに、
会って話すと話はどんどん出てくる、出てくる。
明日、また学校で会えるような錯覚を持つほど、
一瞬にして昔に戻れるから、とても不思議。

これから子どもができたら、子ども中心の人間関係もできてくるのだと思うし、
それはそれで大切なものなのだと思うのだけど、
私にとって、とても重要なのは、「妻」として、とか「母」として、とかいう前の
私を知ってくれている友人だなぁって思ったりするのです。
この先、ますますこういう友人が、私の支えになってくれるのだと思うので、
改めてみんなに、これからもよろしくね、って言ってしまった夜でした。

お誕生日のお祝いに、と頂いた小さなブーケ、
DEAN & DELUCAのトマトジュースのびんに入れたらとてもかわいかったよ。
ありがとう。
f0030500_19303373.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-07 19:29 | life | Comments(0)

ごはんが美味しい!-母庵

早起きで骨董市に行った後、毎週通っているバレエのレッスンに向かった私。
お昼過ぎにレッスンが終わる頃、スタジオまで迎えに来てもらったその足で、
ずっと気になっていたお店で、昼食を食べることを夫に提案。

スポーツジムのトレットミル(ランニングマシーン)で走っている時、
窓の向こうにひらひらと揺れるのれんがずっと気になっていたのです。
「何屋さんだろう?ご飯屋さんかなぁ。瀬戸物屋さんかなぁ」と。

お店の前まで行ってみると、お店の名前は「母庵(ままあん)」。
和食屋さんでした。
f0030500_1928312.jpg

ランチメニューが出ていたので、それを隅々まで確認し、行ってみることに。
普通の一軒家にしか見えないこのお店、
入るのも「お邪魔しまーす」と言いたくなる雰囲気です。
中に入る時も「靴は履いたままでいいですか?」と聞いてしまいました。

カウンター席に通され、私は「お刺身ご膳」、夫は「まかない丼」をオーダー。
メインのお刺身の前に、とても品数の多い前菜が出ました。
出汁巻き卵、ゴマ豆腐、鯵の南蛮漬け、お漬物などなど。
少しずつ、たくさんの器に分けて載せていただきました。

メインの鯵のお刺身もとても美味しくて感動。
実家に帰った時くらいしか、美味しい鯵が食べられないと思っていたけど、
身も厚くて、新鮮で、なかなかでした。

夫が頼んだ「まかない丼」は鳥そぼろ、納豆、などがどしどし載っていて、
そこにピリ辛のたれをかけて、がしがしっと頂くもの。
いろいろなものが載っているのに、混ぜて頂くととても美味しくて、
かなりはまりそうな味でした。

夜のメニューを見たら、品数も多くて、また楽しめそうです。
お店の雰囲気といい、味といい、いい発見をしてしまったなぁ。
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-04 19:26 | Gourmet | Comments(0)

東郷神社の骨董市

毎月第一日曜日に開催されている、原宿 東郷神社の骨董市。
どんなものがあるのかなぁと興味があったけど、
なかなか第一日曜日に行ける時がなくて、
この日、思い切って早起きをして出掛けてみました。

明治通り沿いの参道から、にぎやかになっていることを想像していた私たちは、
あんまり神社の入り口が静かなのに、「もしかして、今日って、やってない?」
ちょっと不安になりながら、前に進んでみると、お店がいくつも並んでいるのが見えて、ホッ。

先日行った東寺の市は、食べ物屋さんの露店もいっぱい出ていて、
人の多さと、いろんな匂いとで、結構迫力あったのだけれど、
ここは骨董のお店だけが、思ったより整然と並んでいました。

場所柄か、外国人のお客さんが多かったのが印象的。
状態のいいものも多く、また、価格も東寺より良心的な気がしました。
f0030500_19212816.jpg

入り口近くのお店で、まず一番初めに気になったのが、
昔、銭湯でよく見かけた、脱衣かご。
籐で編んである、まぁるいあのかごです。
何号か前のKu:nelで、かごの特集をしたときにも紹介されていましたが、
インテリアにも向くなぁと思っていたので、どうしよう、買って帰ろうか、と
かなり頭を悩ませました。
状態がとても良いのにもかかわらず、1つ2000円という価格は、これまた魅力的で。
でも部屋に置いたら、意外と大きいかも。
場所とるんじゃない?と夫も少々懸念。

結局、見合わせてしまいました…

お店のおじさんたちも、東寺よりフレンドリーな感じで、居心地のいい市でした。

日曜日の朝に早起きをするって、ちょっと得した気分。
いつも起きると、半分終わっている…みたいなことが多い我が家では、
こんな過ごし方もいいねぇと、それだけで満足な心持ち。

またいつか、ココロが定まったら、脱衣かご、買いに行きます。
その時に出ているかどうかは分からないけどね…

早起きの朝の空はこんな感じでした。
秋の空、って感じです。
f0030500_19241842.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-04 19:15 | life | Comments(2)

ちょっとだけ特別な誕生日

今年の誕生日も家族や友達からお祝いメッセージをたくさんもらい、
とても幸せな気持ちになれました。

中学時代の友人、高校時代の友人、大学時代の友人、
会社の同僚、弟、そして、会社を早退してお祝いをしてくれた夫。
私に内緒で、私が前から気になっていたホテルの宿泊予約をしていてくれました。

35歳という年齢的なことも、新しい命がおなかにいるというこの状況も、
みんなが今日を「ちょっと特別な誕生日」として、祝ってくれるのが嬉しかった。

母からは茨木のりこさんの詩集と共に添えられた手紙が届き、
読みながら、ポロポロと涙が落ちてきて、困った…
母にとって、私が母親になるというこの事態は、
とても感慨深いものなんだなぁって、分かってはいたけれど、
手紙にしたためられた思いは、ずしーんと胸の奥に響くものがありました。

母は昔から、「へその緒が切れた瞬間から別の人格なんだから」と、
子どもを自分の付属品のように扱うことを嫌う人でした。
私や弟を、ものすごく小さい時から、1人の人格として扱ってくれました。
「家族は一番小さな社会集団なんだから」ということも、よく言っていました。
だからルールはあるし、お互い、尊重もしなくちゃいけないと。

でも母は、「そんな偉そうなこと、言っていたけれど、へその緒を切れなかったのは
自分のほうかもしれない」と手紙の中で言っていました。

私が母親になることで、やっと親同士、対等になれるね、ならなくちゃね、と、
「やっとへその緒が切れる」と結ばれた手紙を、私はまだ咀嚼しきれていないかも。
実際、自分で子どもを胸に抱いて、何かを実感するまでは、
この母の思いを、全部受け止めることはできないんだろうなぁ。

胸が痛くなるくらい、胸がいっぱいになった、深い、深い、35回目の誕生日でした。


5歳の誕生日に両親からもらったバースデーカード。
ずっと手元に持っている大切なもの。
f0030500_19149100.jpgf0030500_19142826.jpg
[PR]
by salut_kyoko | 2007-11-02 19:07 | life | Comments(2)


LOHASな生活をめざして

by salut_kyoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2008年 11月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
最新のコメント
こんにちは、突然のコメン..
by Yama at 14:35
日本は涼しいぞ~ おこ..
by アルネママ at 15:15
いつも心配なんだよね。 ..
by salut_kyoko at 05:07
UNIQLOね(笑)
by salut_kyoko at 05:06
楽しかったよー。 久しぶ..
by salut_kyoko at 05:05
Tシャツ笑える!
by アルネママ at 17:11
楽しかったみたいでよかっ..
by アルネママ at 14:02
おかげさまで?ちゃんと届..
by アルネママ at 22:25
何をおっしゃる! ほーん..
by salut_kyoko at 19:03
子供達もたくさん出来るこ..
by アルネママ at 22:52
ライフログ
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧